FC2ブログ
« 2018 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) --.--.--(--) --:--

キッスパニック

 私はあるカフェにいた。テーブルには水の入ったコップが一つ置いてあるだけ
で、しかし何か料理を頼むわけでもなく、私は通路を挟んだ向こう側の席に座っ
ている女性が、メロンソーダを飲むのをじっと見つめていた。
 私は家の近所ということもあり、このカフェを昔からよく使っていたが、彼女
をここで見るようになったのはつい最近であった。
 艶やかな黒髪、白く透き通った肌、そして憂いを帯びた目――
 彼女を初めて見たとき、私はその美貌に一目惚れをした。そこから私は彼女に
会いたいがために、毎日この店に通うようになった。そのおかげで、彼女がこの
店に来るのはだいたい、毎週火曜日の16時から18時の間、または金曜日の17時か
ら19時の間が多いことがわかった。そして、彼女はそこでメロンソーダを毎回頼
み、本を読みながら時間を過ごしていた。
 そして今日も彼女は火曜日の17時22分に来店し、メロンソーダを頼んで本を読
んでいた。
 私はいつも以上に彼女をドキドキしながらその様子を見つめていた。今日は、
彼女に対するある計画の実行日であった。その計画とは、彼女がトイレで席を離
れた瞬間に、テーブルに置いてあるメロンソーダに口をつけ間接キッスをすると
いうものだった。そして、そのことを知らない彼女は、席に戻ると再びメロンソ
ーダを何くわぬ顔で飲み、その様子を見て私は一人悦に入るというものだった。
そのため、私はそれを実行するために彼女が席を立つのを待っていたのだった。
「まだだろうか……」焦燥感が私を襲った。もしかしたら、計画は延期になるかも
しれない。
 しかし、神は私の味方であった。彼女は読んでいた本にしおりを挟むと、その
本だけテーブルにおいて、カバンを持って先を離れた。
 彼女が店の奥にある化粧室に入っていくのを確認すると、私は早速計画を実行
しようと席を立ち、通路に足を一歩踏み出したその時だった。
 突然、体全体が重くなり、私は立っていることができず片膝をついた。
「何だこれは……」重さはどんどん増すばかりで膝を立てることすら困難になり、
私は地面に突っ伏した。
「はっはっは、惨めだな」横から笑い声が聞こえた。
「だ、誰だ!」
「ふふっ……僕かい? 僕の名前はB次郎。君には僕の能力『重力操作』によって
動けなくさせてもらっているよ」
「じゅ、重力を操られるのか。つまりこの私は通常の重力よりも強い負荷がかか
っている状態なのか……しかし、何故そんなことをするんだ」
「何故? それは君がライバルだからだよ」
「ライバル……?」
「君も狙っているんだろ? 彼女のメロンソーダを」
 私は、驚きを隠せなかった。この計画は誰にも話しておらず私以外に知ってい
るものはいるはずはないのだ。
「何故、そのことを知っているんだ……まさか、心を読むこともできるのか!」
「ふふっ、残念ながらそれは違うよ。これは……何て説明すれば良いんだろうか。
言ってしまえば勘かな」
「勘だと……」
「そう、だけど勘と言っても決して当てずっぽうなわけではないんだよ。君を一
目見て身体中に走った電撃……そうだね、これは彼女のメロンソーダを狙うものと
してその本能が同士の存在を嗅ぎ取ったんだろうね」
「そうか……だが、まさか私と同じことを考えている人間が他にいたとはな。お前
とは良いメロンソーダが飲めそうだ」
「そうだね、でも残念ながら彼女のメロンソーダはただ一つ。君はそこで這いつ
くばって、僕と彼女が(間接)キッスをしている間、地面とキッスをしているん
だね」
 私の目の前を彼の靴が通るのが見えた。その一歩はゆっくりであったが自信に
満ちあふれていた。
「……すまないが、私にそんな趣味はないんだ。もう少し足掻かせてもらうよ」
 私は思いっきり右腕に力を込め、彼の足首を掴んだ。
「ば、馬鹿な! この重力の中で腕を動かせるなんて……常人には不可能だ!」
「そうだな……しかし、私は毎日このカフェに通い、あの開きの悪い入り口の扉を
開け閉めしてきたことで、常人以上に腕の筋力が発達したんだよ!」
「あ、あの扉を自力で……! 普通の人では開けられないから、扉の前についてい
る呼び鈴を押して、中にいる店員さんが二人がかりで開けてもらうのにそれを自
分1人で、しかも毎日……!!」
「まあ、一般人だと思って油断したのが運の尽きだったな」
「くっ、だがそれでも腕をやっと動かせた程度じゃないか。まだ僕の負けでは……」
「しかし、その右足は私に掴まれているから、私の身体の重みが加わり動かせる
ことはできないだろ? このままではお前も彼女のメロンソーダにたどり着くこ
とはできまい」
「……確かに。くそっ、仕方ない。一旦重力を解除する。しかし、そこで変な真似
をしたら今度こそ容赦しないぞ」
「……わかった」
 しかし、私は彼の言いつけを守るつもりはなかった。自分の体が軽くなるのを
感じると即座に立ち上がり、B次郎が『重力操作』の能力を発動するよりも早く、
彼のあごを目掛けてアッパーを打ち込んだ。その衝撃で彼の頭は少し揺れ、その
まま白目をむいて後ろへ倒れた。
「強力な能力だったな……」私は再びメロンソーダを取ろうと、彼女のテーブルに
目をやると、そこにはメロンソーダがなかった。
「な、何!」私がうろたえていると目の前で
「おいおい、お前の探しものはこれかい?」と声がした。
 私は声のする方を見た。そこにはメロンソーダの入ったコップを右手に持った、
一人の男が立っていた。
「お前も彼女のメロンソーダを狙っているのか!」
「ああ、このC助様もメロンソーダハンターさ。ただお前らとは違い、俺様はち
ょっと過激でな。彼女のコップに口をつけるだけではなく、そこをさらに舐める
のさ」
「な、それは(間接)ディープキス! この外道が!!」
 私は怒りに駆られ彼を殴りかかろうとした。しかし、
「おっと、動くんじゃないぜ。下を見てみな」
 私はとっさに下を見た。そこには丸い魔法陣が書かれていた。
「な、何だこれは!」
「俺様は召喚師でな。今から、その魔法陣でスーパークールなモンスターを召喚
するぜ」
 そしてC助は左手を天に掲げ叫んだ。
「現われろ! 絶対にして最強、最強にして絶対の存在、大魔神トール!!」
 すると魔法陣が光だしそこから、両腕は大木のように太く、白い髪は逆立ち、
目は銀色にギラギラと光った巨躯の化物が現れた。
「こ、これが召喚術……」
「まあ、これほどのレベルのモンスターを呼ぶにはかなりの技術とそして完璧な
魔法陣が必要だがな。まあ、お前らが一悶着している間に魔法陣がかけたわけだ
からそこはラッキーだったな」
「ふん、だが愚かだな。それならば俺達が戦っている間にこっそりメロンソーダ
を飲んでしまえばよかったんじゃないのか」
「おいおい、それじゃあつまんないだろ。どうせ飲むんならお前のような同じメ
ロンソーダを狙っていた人間の前で、そいつの屈辱にまみれた可哀想な表情を見
ながら飲んだ方がいいに決まってんだよ。ケケッ」
 C助は悪意に溢れた薄ら笑いを顔に浮かべて言った。私の怒りはついに頂点に
達した。
「お前みたいなクズに彼女のメロンソーダは渡さない!」
「ケケッ。じゃあ、どうするって言うんだい? まさかこのトールとやり合うっ
ていうのか? いくらお前が人間界で強くてもな、こいつは異界の存在。こちら
側の常識は通用しねえぜ?」
「私もそこまで馬鹿ではない。無謀と勇気は違うのだから」
「じゃあどうするんだ?」
「その怪物自体には弱点はないのかもしれない。しかし、その怪物が存在するに
はその地面に書かれた完璧な魔法陣が必要なのではないのか……!」
「ま、まさか」
 しかし、C助が気づいたときにはすでに私は、テーブルにある水の入ったコッ
プを持っていた。
「冷や水浴びて少しは反省しろ――外道が!!」
 私は、コップの水を魔法陣に向けて掛けた。魔法陣の線が水で滲んだ。すると、
あの大きな怪物がみるみる形を失い、最後は泥粘土のような塊になった。
「俺様のトールが! くそ、だがメロンソーダは俺様のものだ!」C助は手に持
ったメロンソーダに口をつけようとした。
「させるか!」私はテーブルの上の爪楊枝を一つ取り、C助目掛けて投げた。爪
楊枝は見事彼の眉間に刺さり「ぐぎゃ」と変な声をだすとC助はコップを手放し
倒れた。そしてコップもそのまま地面に落ちてしまうかと思われたが
「危ない」
「…………あなたは」
既の所で拾われた――私ではなく、あの美女に――
「どうやら、私の作戦は成功したみたいね」
「な、作戦……?」
「そう、優秀な間接キッサ-をスカウトするための作戦がね」
「間接キッサー? 何を言っているんだ!?」
「……あなたの間接キッスへの情熱は本物よ。どう、私と一緒に宇宙を旅しない?」
「……はあ?」
 こうして、私の平穏な日常は終わりを告げたのだった。
続く

次回予告
 黒髪の美女、D恵によって半ば強引に、宇宙を股にかける泥棒集団(ただし盗
むのは間接キッスだけ)『好きです!キッス』の仲間入りをした、主人公のA太。
そんな彼に早速仕事が言い渡される。初仕事のターゲットは金星女王、L子女王
の間接キッス。いきなり難易度マックスのこの仕事をA太は果たして達成できる
のか!?



テーマ「メロンソーダの色」

スポンサーサイト
第三十三回さらし文学賞 | CM(0) | TB(0) 2017.08.08(Tue) 00:00
copyright © 千葉大文藝部活動情報 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。